シェアする

「アンチYJC」が出現したって? それがどーした。って話

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

YJCダンススタジオ 振付演出指導兼ダンサー 1974.2.21生 どうにかこうにか踏ん張ってます

本日、何人かのYJCメンバーが、次週公演の打ち合わせを兼ねて

イオンモール小山で行われたおやまだいすキッズ様の公演を観に行ったようです。

自宅療養中、外出禁止令が出ているHIRO-Mは当然お留守番。

主催者様の御厚意で、YJCの紹介をして頂いたようなのですが…

ステージに立ったYJCの小学生メンバーに対して、

思いっきりブーイングくれてた人がいるらしいですwww

20120315041150059

恐らく初めて、あからさまな「アンチYJC」の出現ですね。

特に本人たちに聞いたわけではないですが、

それでかなりショックを受けちゃった子もいるということなので。

それを聞いて個人的にフラッシュバックした記憶もあることだし、

せっかくなので、そのコ達に向けて、個人的なメッセージを書いとこうと思います。


もー、なんか。「ほへっ?」っていう。

それ、もー全然気にするこたない。

もう、この際、「アイドル」でいいや。「アイドル」の醍醐味とでも思っておけば?

みんなには、熱烈に応援し続けてくれている人たちがいるのをお忘れ?

ひとりのアンチの、1度の言動に落ち込むって、

これまでのファンの方々のお気持ちをどれだけないがしろにすんですか?って話にもなってくる。

ファンの人たちと、アンチが喧嘩するの(実際しないだろうけど)を高見の見物で

「私のために~ 争わ~ないで~♪」

と口ずさむくらいの気構えでいいんじゃないでしょうか?


「アンチ」って存在は、今まで目立って出なかったのが不思議なくらい。

今のような活動をしている以上、いて当然。


商業グループでも何でもない小学生相手にブーイング垂れる大人・・・

この方が一般常識持ってる人なら何の問題も無かったのですが

それを持ち合わせてない可哀想な人なんだから仕方ない。

でも、こっちはこっちで。

ちょっと贅沢になっていやしないかな。と懸念しています。


普段から、有難い称賛、応援、得難い幸せをこれだけもらってるのだから

こういうことも全然あるって、思っていた方がいい。

褒め称えられるのが「正常」、けなされるのが「異常」・・・と思って活動しないでほしい。

誰だってけなされるのは悲しい。

悲しいのが分かってるから、「けなされる対象」にならないように目立たず生きようとする人もいる。

でも、現在、YJCは敢えて多くの人々の目に触れる所で活動しようとしている。

そして、けなされたら悲しいのが分かってても、平気で人をけなす人はどこの世界にも一定数いる。

子供には酷ではあるけれども、やっぱりそこは少し意識しておかないといけない部分だと思う。


HIRO-Mは今回の話を至って冷静に「アンチ?そりゃいるでしょ。」くらいに聞いていたけど

正直、そりゃ面白くはありません。悲しくないわけなどありません。

でも、それを覚悟しなければいけない・・・っていうのはずっと思ってきたことだから。


今も忘れません。

YJCがかつて「ZIP!」「なりきりダンスシアター」に出た時のこと。

「これは酷いwww」


「ナニコレwww」


「やっつけにも程があんだろ」



SNS上に、見ず知らずの人達の辛らつな言葉がどれだけ流れたことか。

そんなコメントを漁ってた時の、あの心臓のバクバク。止まらない涙。

中途半端な演出で踊らせて、やっつけで応募してしまったばっかりに、

何の罪もないメンバーが、何の繋がりも無い人たちにボロクソに言われてる。

おれのせい。

踊ってたメンバー、そういうコメントを目にしつつも

あんまり嘆いたり愚痴ったりしなかった。

ただ、口を閉ざした。闇に葬った。これがまた、逆に辛かった。

ほんと、あん時はごめんだけど。

あれは・・・「闇雲に表に出るリスク」っていうのを、

痛烈に思い知った出来事でした。


HIRO-MがYoutubeにダンス映像を積極的にあげてた頃も、

やっぱり辛いコメントはちょくちょく入りました。

悲しかったり、怒り狂ったり・・・正直したけど。

そもそも、Youtubeにはハナっからこういうの用意されてるwww


17012201


このご時世、表に出すなら覚悟しな・・・っていうことですよね。

ま、当時、ダンス映像のネット公開はHIRO-Mひとりの判断だったので、

これらのコメントはメンバーに目に触れさせるべきではないと思い

いっこいっこ削除して回ってたけどねwww


表に出れば、叩かれないだけのモノが無い限り、叩かれちゃうんです。

それでも、多くの人に観てもらえるステージを演るのが楽しくてやってんだから、

そりゃもう、しゃーない。

ダンスを通して「勝ち負け」や「評価」を幾度となく経験しているコ達なら

もしかしたら、そこそこは我慢できる事なのかもしれないけど

YJCはそうではないので・・・ そこらへんひときわ弱いのかも知れません。


多分、YJCに対してのネガティブな声をこれまで一番見て来たのはHIRO-M

それに耐えるために、逆に称賛の声にも心を閉ざすようにしてきました。

でも、やっぱり、心のどこかでは

応援してくれる人も、喜んでくれる人もいるのをちゃんと自覚しているし

その人たちを思って自分たちが信じることだけを頑張ればいい。

自分たちはそういうグループ。

・・・というか、個人的には、メンバーが喜ぶことをやれればそれでいい。

極端な話、内輪で楽しめることが一番の目的。

それが世間一般にお見せするに値するものになるなら、そりゃもう幸せ。

そんな風にしてやってきています。

いろんなことで心折れそうになりながらも、ここまでやってこれたのは、

もしかしたら数々の批判的な声を見て来たから、かも知れません。


YJCでダンスをやったことで、将来飯を喰えるようにはなりません。

生涯万人に誇れるような勲章も手に出来ません。

だからこそ、YJCで作る「思い出」だけは、

些細な出来事がヒビとなって映るようなものであってほしくない。

だから、子供には無茶を承知で。

そこら辺のタフさは身につけてほしいな、と思うのです。


ま、ぶっちゃけ、キレイゴト抜きにして言うと・・・

その変態ヲタクヤロー、もし万が一おれの前に姿見せたら胸キュンな事態・・・あるかもよ~♪

・・・ってなとこだけどねwww

シェアする

フォローお願いします