シェアする

ハプニングと反省。 プラッツおおひら様 ビアガーデン公演

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

◆◆HIRO-M◆◆ --- YJCダンススタジオダンサー兼インストラクター兼映像&音楽担当 / ヒョウモンガメ、ゴルハム愛好 ◆◆おれんじゃー◆◆ --- 愛機はオレンジ色のPENTAX K-30 & K-S1 オレンジに飽きるまでコレ

今日はあんまりこう・・・楽しい感じの記事にはならなそうなんですが

自分で「ブログ更新強化期間」と決めたところに加え、会社の上司にこんなこと言われまして・・・

15081301

んー、こんな内輪記事のどこが楽しいのか・・・大きな間違え方をしている気もしますがwww

有り難いことではありますので、ちょいと頑張って書いてみます。


さて。


プロ野球で、0-10くらいの場面で出てくる敗戦処理投手とか・・・

フィギュアスケートで、もう4~5回すっ転んじゃった選手のその後の演技とか・・・

そういうの見るにつけ、そのメンタリティに思いを馳せることが多いのですが・・・

なんだかそんなことを改めて考えさせられる一日となりました。


昨日、8/12。

プラッツおおひら様で行われたビアガーデンにてライブを演らせていただいたわけなんですが

のっけから重大なハプニング発生。

Moegiが2曲目の冒頭で転倒し、その際に左手をおかしな形でついてしまったようで緊急病院搬送。

専門医が不在で細かいところまでは分からなかったようですが

第一報では、ひとまず大きな骨折等は無いとのことでした。

特に腫れや変色等は見られなかったので、最悪の事態にはなっていないだろうとは思っていましたが

本人まったく左手動かせず泣いてるし、ちょっと焦りましたね。

まあ、そんなわけなので、とりあえず大丈夫そうです。ご心配をおかけしました。

驚異的な回復力持ってる感じのキャラですしwww、またすぐに元気な姿を見せてくれるかと。


この日は、アスファルトの上にパネルとフローリングマットのようなものを敷いた仮設ステージ。

リハの時は、「全然滑らないね。やり辛いね」などと話すくらいの足場だったので

(踊り手にとっては、意図的に滑らせれば滑る・・・くらいが一番やりやすい)

どうして転倒したのか「???」だったのですが、次の曲、出て行ってみて判明。

小雨がパラついたために、先ほどとは打ってかわって、

パネル、フローリングマットともに、ツルッツルの足場になっていたんですね。

シューズとの兼ね合いもあるのだろうけど、それこそもう、バラエティ番組でよく見るヌルヌルローションみたいな印象・・・。


HIRO-Mも「Eat You Up」1曲の間で、3度(だったかな?)滑って転倒。

いずれもツルリン→ステーン!とはいかず、

足を滑らせ、持ち直せなさそうなので敢えて転倒を選んだ・・・というような感じだったので

大きな怪我には至りませんでしたが、逆にこう・・・無理な態勢をキープしようとした為

あるいは、滑らないように大きく踊ろうと変な所に力を入れた為・・・なのか。

左の太ももの筋肉?筋?痛めました。肉離れやった時と近い感じ。

本番で曲中にすっ転んだのは始めて。しかも複数回・・・。もう呆然というか、頭の中真っ白。

最後の転倒は、「呆然」よりむしろ「憮然」に近い感じで

すぐに立て直そうとすらしなかったし、完全に苛立った表情を出してしまいました。

いや、これはダメですね・・・。公演をする者としての意識が足りない。

ステージでダンサーが何度もすっ転んでて、ましてその前に既に怪我人出てるわけで

ステージ作った主催者様側だって真っ青でしょうし。

別に主催者様に対して苛立ったわけでは無いですが、でも、あれはいけない。

たいへん申し訳なかったです。

そして、湿布を買いに走ったりして頂き、ありがとうございます。


Eat You Up」が終了するあたりで一瞬豪雨になり、中断。

お客さんのテーブルを屋根の下へ移し、アスファルトの足場で逆向きで再開となりました。

若干雰囲気の良くない中での再開となってしまいましたが、ここもひとつ課題ですね。

動揺しちゃう年頃のコが多い中で、酷な注文にはなるかもしれませんが

やはり・・・ひとたび公演となったらプロとして臨まなきゃいけない。


夏祭り」、その流れでフィナーレでも花火を使ったパフォーマンスをしたわけですが

これがなかなか反応良かったですね。

もっと早く導入すれば良かったし、もうちょっと綿密に段取りすべきでした。

夏祭り」の時、花火に点火しに行くの遅れちゃって、空白の時間作っちゃいましたね。

ごめんなさい。


ハプニングを除いてみても、全体的にグダグダな感じはぬぐえない公演でした。

正直、お客さんに見せていいものではなかった。

1曲目からツッコミどころは色々あるけど、今回特に問題視するのは2点。

先述の花火点火出遅れと、「シーズンインザサン」のフォーメーション崩れ。

犯人はハイ。HIRO-M本人と、その娘ですね・・・。


花火点火遅れは・・・これはもうごめんなさいでしかないです。

通常、このようなタイミング勝負の演出をする時は、事前に曲を何度も聴いてシュミレーションするんですけど

この日は、その後仕事・・・っていうのがあって、睡眠を選んじゃってました。

結果、舞台裏で「あれ!?もう!?」とバタバタしてしまいまして

踊り手も踊っていない、花火も出て来ないという・・・完全な空白を作ってしまいました。

明らかに意識欠如と準備不足です。

こういうことをきっちりこなさなければ、YJCの魅力は半減すると思うんですね。

お客さんに楽しんで頂くために、「まじめに入念にふざける」を徹底しないと。

ハイ。反省します。

ついでに、小道具忘れもごめんなさい。出来たら使い手に管理して欲しいけど。

Moekaママ、鍋蓋調達ありがとうございます。助かりました。


続いて、「シーズンインザサン」のフォーメーション崩れ。

これはもう、後ろから蹴っ飛ばしてやろうと思ったくらいですが・・・

曲中立ち位置迷ってウロウロして、前列センターにしれっと入ってしまうことで

どれだけの弊害が出たか。

ソロのタイミングでセンターにスペースを作ることは、本来センターのYukariさんしか把握していないし

最後にソロを踊るYukariさんは、カウントの関係上、前列センター付近にしか収まれないので、

前列を奇数で組むなら、センターはYukariさんしかあり得ない。

そういう計算のもと出来ているフォーメーション。

それを乱したために、案の定全員が混乱。

やってしまったことは仕方ないですが、

ひとり欠けた非常事態に、そのあたりを確認しないままステージに出て行けちゃう意識が大問題。

これまでにも何度もフォーメーション崩し、移動忘れやっているにも関わらず。

何の打ち合わせもせず、何の指示も聞かず、一体何が出来ると思ったのか・・・。

チームプレイが無理なら、立ち位置変えずのBチーム曲か、ソロを勧めるしかない。

大いに反省すべきです。ついでに、リーダーを自負する人間も。


まぁ、曲前にパフォーマンスがある分、とっさに吹っ飛んでしまいがちなのは事実で・・・

ただ、先ほどの「まじめに入念にふざける」に繋がりますが

パフォーマンスしている間も、陣形を意識して計算しておかないと

こういうことはきっとまた起こります。ご注意を。


ほかにもまぁ、痛恨の「ノーオフサイド」とかもあったわけですが・・・www

これはまぁ、担当を日替わりでやってて、直前に指名されるってこともあるし、

かつて「専属オフサイダー」だったMoegiですらすっ飛んだことあるし、ま、いっかwww

HIRO-Mは踊ってないので分からないんですが、

あの曲のあのノリであのフリ・・・だと、勢い余って出て行けない・・・ってことになり易いのかなとも思います。

次回からは事前に入念に打ち合わせとシュミレーションをしましょう。


そんな感じでですね・・・

ここいらでもう一度、気を引き締め直して行かなきゃいけないと思います。


ごめんなさいを連発したついでに、会社にも謝っておきます。

何度も何度も寝落ちしてごめんなさいwww

今夜こそ寝ません。さっきオレンジの安全靴も届いたし、今日はやる気満々。

15081302

ピンクブーム、ブルーブームが去り、今年は徹底してオレンジ!

早くオレンジのGショックも買わないとな。バッグも欲しいぃ。

あ、でも今夜は流星群見なくちゃだから、仕事してる場合じゃないな・・・www


ド最後になりましたが、観て下さった方、関係者様、ありがとうございました。

シェアする

フォローお願いします