シェアする

6月前半ダンスライブラッシュ/曲の“世界観”!表情!タイセツ!

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

◆◆HIRO-M◆◆ --- YJCダンススタジオダンサー兼インストラクター兼映像&音楽担当 / ヒョウモンガメ、ゴルハム愛好 ◆◆おれんじゃー◆◆ --- 愛機はオレンジ色のPENTAX K-30 & K-S1 オレンジに飽きるまでコレ

6月前半の土日は、怒涛のダンスライブラッシュ。

4日 プラッツおおひら アメリカンフェスティバル
5日 とちのきファミリーランド 2公演
11日 あしかがフラワーパーク 2公演
12日 アピタ館林店 2公演

6月「ジューンブライドスペシャル」ということで、昨年に引き続きフィナーレ衣装にウェディングドレスを導入し

また、そこから派生した「新妻エプロンスタイル」なんかも披露。

まあ賑やかな感じで、常連様にも、初めての方にも楽しんでいただけたライブになったのではないかと思います。

観て下さった方、主催者様、関係者様、暑い中でしたがありがとうございました。

16061601 16061603

16061602 16061604


HIRO-Mは“バブラー”に続き、“ブロワー”というポジションを新たに開拓。

Makitaの充電式ブロワを武器に、新曲「HOT LIMIT」をさらにアツく盛り上げたのでした。

16061605

この後のライブでは、“ミスター”としてのデビューも検討しています。

ちなみに「ミスター」=「“Mist(霧)”er」です。

まだテストをしていないのでどんな具合か分からないのですが、

もしかすると「シャワラー」になるかもしれませんし、「スプリンクラー」になるかもしれませんので、

高価なカメラを持って応援に来て下さる方は十分にご注意願います。

大事な機材をダメにしちゃって、それで涼しい思いをすることのないように…


さて、そんな中。

HIRO-M演出の新曲「ONLY ONE」も披露させていただいたわけですが。

16061606


初披露となったプラッツおおひら様にて、

何人かのメンバーがキュートな笑顔で踊る姿が激写され、HIRO-Mはひどく憤慨しました。(笑)

どう間違っても、笑顔で踊る曲じゃないんですね、これ。

“曲の世界観”を大事に・・・というのは昔からずっと喚いていることで。


まぁ、既に叱ったことなので今更ゴチャゴチャ言うつもりはないのですが

他の曲、他のメンバーにも言えることなので、あらためて。


4公演を終えた段階で、メンバーのひとり… しかもトップメンバーに…

「この曲の歌詞、読んだ?」って聞いてみたら

「読んでない(キッパリ)」とのビックリ回答が返ってきまして。

ついでに「PVやライブ映像も殆ど観てない」と・・・。

長い間、多くのコに多くの曲を振り付け、演出をしてきましたが

これほど唖然としたことはなかったですねwww

とりあえず歌詞をプリントアウトして渡しましたが…。


一方で、小学3年生のRianは初披露の時からしっかりと切ない表情を作って踊ってました。

あの“スマイルクイーン”のRianが、ですよ。

さすがのRianも、まだ大した恋愛経験は積んでいないと思うしwww

まして、この曲の歌詞のような切ない別れは経験していないと思うんです。

だから、歌詞から世界観を理解しているとは思えない。

映像を観て直感的に感じ取ったんでしょうね。こういう表情で踊る曲・・・と。

ちなみに、Rianは表情だけじゃなく踊り方も変えてきてますよね。

ステップも指先の動きも、しっとり切ない曲用に料理したモノを出してきてる。

一方で、何の曲に合わせても合っちゃうんじゃないか?っていう単調な踊り方のコもいる・・・。


Rianが天才なわけじゃなく…

単に、やるべきことをやったか、そうでないか、だと思いますよ。


しつこいようですが、HIRO-Mが一番大事にするのは“世界観”です。

その次に来るのが“ベースのリズム”。

これに賛同してHIRO-M曲を踊るのならば、その曲に応じた表情と踊り方の研究は

必ず各々やらなきゃいけないこと。


HIRO-Mの方針は決して特別じゃないはずです。

センセも「かつて通っていたスタジオは、まず課題曲の歌詞を徹底的に読ませた」って言ってましたし。


仮に、HIRO-Mに賛同しているわけでもなく、人手の関係で仕方なく踊ってるとしても。

与えられたフリをただ覚えて間違えないように繰り返すの、何が楽しいのでしょう?


せっかくこのような環境で踊れるのだから、徹底して曲を理解し、演じる努力をしてください。

観て下さる人に、その曲の世界観を伝えてあげるつもりで。


余談ですが、ちょっと気付いちゃったことがあります。

YJCを応援して下さっているカメコの方々、

どんなパフォーマンスでも手放しで褒めてくれる人たち?・・・って思ってましたが。

あの人たち、「ダメなところ」もちゃんと見てますよね・・・。

そのダメなところを改善した時に「待ってました」とばかりに褒めてくれたりしますから。

言わないだけです。

気を抜いて手を抜いてるコにも、笑顔でカメラを向けてくれますが、

腹の中で「このコはダメなコ」と思ってるかも知れませんよ~?


みんなは、何をやってもしなくても愛してもらえるトップアイドルじゃない。

ナメた態度とっても「そこもまた素敵」なんて喜んでもらえるわけじゃない。

気を抜き手を抜けば、その分だけ、ただただ落ちるのみ。


ま、いい思いをするためにはやることやりましょ・・・ってことです。

シェアする

フォローお願いします

コメント

  1. mitukunsp より:

    >>Rianが天才なわけじゃなく…
    単に、やるべきことをやったか、そうでないか、だと思いますよ。

    楽曲に対して何をしたら良いかを瞬時に理解できて、
    他人にも判る形で表現出来るって事が才能だと思うのです。

    諺の
    「一を聞いて十を知る。」
    エジソンの名言
    「1%の閃きがあれば99%の無駄な努力をしなくても良い」 
    (これは誤訳です『天才とは1%の閃きと99%の努力である。』】