シェアする

足利洋舞フェス 総括

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

◆◆HIRO-M◆◆ --- YJCダンススタジオダンサー兼インストラクター兼映像&音楽担当 / ヒョウモンガメ、ゴルハム愛好 ◆◆おれんじゃー◆◆ --- 愛機はオレンジ色のPENTAX K-30 & K-S1 オレンジに飽きるまでコレ

最新記事 by HIRO-M@YJC (全て見る)

足利洋舞フェス、お疲れ様でした!
2日目のTYPE-Sの本番、ふれっせぼんの飼い主は殆ど見ていませんでした。
その代わり、真剣にビデオカメラ2台のモニタ見てました。
本番を見た方からの『良かったよ!』という言葉は既にたくさんもらったと思うので
ふれっせぼんの飼い主は、それを後で形に残す役目。
とりあえず、ふれっせぼんの飼い主が担当した右サイドからの映像はカンペキですので、期待していて下さいまし。
さて、足利洋舞フェス・エヴォリューション全体の感想ですけど
キッズ部門だけ見てても、やっぱりみんな上手いです。
ジャンルは様々でしたが、取り入れたい部分、盗みたいものはたくさんありました。
YJC的にはなんとなく一線を引いている感じのヒップホップ・ストリート系に関しても
「これが出来れば、あのフリがもっと上手く出来るのでは?」
…という部分ががいっぱいありましたし。
YJCが出来ないこと…というより、やったことのないこと・やろうとしたことがないこと…をたくさん見つけたので、自分なりに研究して、追々みんなにサーブしていけたらいいなと考えています。
チーム名分からないんですけど、ふれっせぼんの飼い主がすごく衝撃を受けたところがあって…
あれ、ジャンルは何なんだろうな?
みんな動きが大きくてしなやかだし、キメる部分だけは全員で完全にキメる、後の部分は個性を出そう…って徹底されている感じ。
そして、見事なまでに計算された振り付けとフォーメーションチェンジ。
この曲、振り付けが完成するまでに一体どれくらいかかったのか?そして、一体どれほどの練習をしてきたのか?…という感じでした。
あれ以上伸びる可能性はないんだろうな…という、そんなパフォーマンスに見えました。
曖昧ですが、見ている人にそんな印象を与えるダンスをしたい…というのが目標になったかな。
YJCについては。
やっぱり普段からレッスンを見ているし、舞台を見て無条件で『いい!かっこいい!』と思う一方で、“伸びしろ”を期待しながら見てます。絶対にこれが完成系じゃない。まだまだ伸びます。確実に。
まだまだイケる!もっと魅せられる!…それをしっかり肝に銘じて今後もレッスンに励んでもらいたいと思います。
いっこだけ。気になったことを注意させて下さい。
踊っている最中、無意識に髪をかき上げたり、何かを払い落としたり…という仕草が結構目立ったりします。ジャンパー着用の曲では、裾を引っ張る人も多いですよね。これは去年のSAKURA FESTAでも思ったことなのですが…。足利洋舞フェスのような素晴らしい舞台になるとなおさら目立ってしまいます。
ふれっせぼんの飼い主を含め、これを無意識でやっちゃってる人が多いと思うんです。
本番は“人に見せるダンス”…なのですから、前髪が目にかかろうが、顔にセアカコケグモがくっつこうが、フリに没頭しないといけない・・・と感じました。
これはレッスンの時から意識して取り組んでいく必要があるでしょう。
そんなところかな。
次は、慰問を挟んで、SAKURA FESTA
肩の荷が降りたと思ったら、すぐ次ですね。
いや、肩の荷降りてない…。
我が家はまだ足利洋舞フェス臭がプンプン。
洗濯物やら何やら…ぶっちらかってます。
家族5人揃って出ているわけで、まぁ仕方の無いことではありますが。
当日やればいいんだけど、絶対疲れて寝ちゃうんですよねぇ…。
『おれが辞めなきゃダメかなぁ?』
これが舞台翌日に必ず思うことだったりします…
今夜、もし仕事を終えて元気だったら
何かもう1曲、簡易編集して載っけてみようかと思います。

シェアする

フォローお願いします

コメント

  1. あのつく女❤ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私的にとても気になったというか、印象に残ってるというか・・・目が離せなかったチームは、分かる人は分かると思いますが、マトリックス御一行様みたいなコスチュームのとこですね。どれが誰だかわかんないけどなんかすごかった。そのあとのナントカ星人みたいの(同じチームだと思うけど・・・)もなんかやけにインパクトがありましたね。あの衣装のせいかもしれないけど・・・。ま、他にもいっぱい上手なチームはありましたけど、あやつらにできてうち(YJC)の子達にできない事なんてないと思っておりますので、これからもみんなで楽しく頑張りましょう。  あ、でも、屍チームには限界がありますから無理せずがんばります。

  2. ふれっせぼんの飼い主 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あの、喧嘩みたいなストーリーのやつね!
    一人一人の表現力も良かったし、確かに引き込まれるものがありましたねー。
    ウチのコ達・・・出来るにしても、現状だと『やったことないことにチャレンジする』って機会が少ないから・・・やっぱりふれっせぼんの飼い主がよそから“お持ち帰り”してこようかな。
    あ、屍チームもまだまだガンガン行きますよ?
    とりあえず、夕べは6km走り込みました。でも今日は走るかどうか分かりません。(笑)