シェアする

リアル「きさらぎ駅」・・・

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

◆◆HIRO-M◆◆ --- YJCダンススタジオダンサー兼インストラクター兼映像&音楽担当 / ヒョウモンガメ、ゴルハム愛好 ◆◆おれんじゃー◆◆ --- 愛機はオレンジ色のPENTAX K-30 & K-S1 オレンジに飽きるまでコレ

きさらぎ駅」ってご存知でしょうか・・・。

ネットでまことしやかにささやかれる都市伝説なんですけど。

15081701

要約するとですね。

 夜、電車に乗っていて、ふと気付くと乗客が自分以外に誰もいない

 停まった駅で降りてみると、そこは「きさらぎ」という見たことも聞いたこともない駅。

 古くて、暗く、誰もいない、まるで廃駅のようなところ

 電話もメールもLINEも繋がらず、GPSも機能しないが、なぜかTwitterだけは入れる

 時刻がなぜか実際よりも2時間くらい進んでいる

 途方に暮れていると、激しい睡魔に襲われ・・・

というようなお話なわけなんですが。

(参照) きさらぎ駅 – NAVER まとめ


で。

ここからは稲川淳二サン風に読んでください。

15081702


昨夜のことです。


21:00出勤だったんですが、22:00から1時間半くらい、点検作業のための停電がありまして

相方はそのタイミングで休憩を取るということだったので、真っ暗闇の中、ひとりで会社にいたんです。

一体どこで作業をしているんだか、その間、作業員の方達の気配もまったく無くて・・・

ただただ真っ暗で、静か。


心細かったんで、LINEしつつ、返事を待つ間Twitterを覗いたり・・・なんてことしてたんですが

Twitterで、池袋駅東口の自動車突っ込み事件のニュースを見つけて、ネタサイトでそれを見ていたら

多分「駅」つながりで、下の方に「きさらぎ駅」の記事へのリンクが出て来たんですね。

ついつい見ちゃいまして・・・。

その時は、別段怖いとは思わなかったんですけどね・・・。


23:30頃、予定通り作業が終わり、遅れを取り戻すべく必死に仕事を片付けました。

時々寝落ちしながら・・・ですが、朝大変な思いをしたくないので、夢中で仕事しました。

一段落して、ふと事務所の時計を見たら、AM1:30。

毎週日曜(明けて月曜)のこの時間にはシステムメンテナンスが行われるので

ちょうどいいタイミングだと思い、所定1時間の休憩に入ることにしました。

休憩時間は仮眠を取ったり、食事したり、帰宅したり様々なのですが、この日は帰宅することに。


5分ほどで自宅に到着し、トイレに入って、冷蔵庫からアイスコーヒー出して、パソコンデスクに座って・・・

ふとディスプレイの右下を見て、愕然。


AM3:15!!



腕時計を見ても、やっぱりAM3:15・・・。


なんで?なんで?・・・休憩に入ったのはAM1:30だったはず。

そこからせいぜい15分程度しか経っていないはずなのに・・・。

 “時刻がなぜか実際よりも2時間くらい進んでいる

リアル「きさらぎ駅」!? 真っ暗闇の中あんなもん読んだから呪われた!?


もう、背筋がゾォ~~~~~・・・としましてね。


・・・。


・・・。


で、ようやく気付きました。


停電で事務所の時計が1時間半止まっていたんだ!!

だから、休憩に入ったのはAM3:00だったんだ!!

何度か寝落ちしてたから、時間の経過がよく分かっていなかったんですねwww

普段なら、「あ、システムメンテナンス入った」っていうので時刻を判断できるのですが

1時間半仕事が遅れたために、2:00~3:00頃はたまたまメンテナンスの影響を受けない業務をしていた・・・という偶然も重なりまして。


はい。また今日もFacebookとの連携チェックを意識しての下らない記事でしたwww

でも、そのタイミングでこの勘違い。めちゃくちゃ怖いと思いませんか?

シェアする

フォローお願いします