シェアする

2015.10.24 とちのきファミリーランド様公演 ほか、お小言系…

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

◆◆HIRO-M◆◆ --- YJCダンススタジオダンサー兼インストラクター兼映像&音楽担当 / ヒョウモンガメ、ゴルハム愛好 ◆◆おれんじゃー◆◆ --- 愛機はオレンジ色のPENTAX K-30 & K-S1 オレンジに飽きるまでコレ

ふと思い立って、PC用WEBサイトのデザイン変更に取り掛かりました。

0011

タイトルの背景に映像が表示される珍しいデザイン。とりあえず手持ちの映像をぶち込んでいますが、後々、専用にタイトル映像を作成するつもりです。

>>>YJCダンススタジオウェブサイト (完成するまで見てほしくないけど一応…)

で、ここで文章に少々手を加えたんですが、その文章を使った形でYJCダンススタジオのウィキペディアページなんかが出来ており…

WS000001

>>>ウィキペディア 「YJCダンススタジオ」

作ってくださったのがどなたか分かりませんが、このタイミングにだいぶ驚きました。

だけど… HIRO-Mの実年齢出ちゃってるのはちょっと…www

一応「YJC年齢」33歳ですから…www


さて、10/24 とちのきファミリーランド様でダンスライブをやらせていただきました!

15102503

観て下さった方、関係者様、ありがとうございました。

特に、主催者様にはいつもいつもよくして頂き、本当に感謝しております。

「公演の合間、公演後は楽しんでください」というスタンスのおもてなし、とても嬉しいです。

同時に、うちの意識がこの程度なのに、そこまでして頂いて申し訳ない気持ちでいっぱいです。


さ。最後の一文で察したと思います。今回の記事はぶちまけます。ひときわ痛快に。

暴言系のお小言ですので、関係者以外の方はスルー推奨。


またも主な対象が自分のとこの娘なので、「そんなの家で叱ってろよ!」って話かも知れませんが

うちの娘に限ったことでは無い話も多々含まれると思うので、ここで。

まぁ、うちの娘どもはハナっから読まないと思いますがね。


Make A Secret」の曲中、ついつい怒鳴ってしまいました。

さすがに曲中にやったのは初めてですねぇ…。

怒鳴ったとは言え多少加減はしましたので音楽でかき消されてるとは思いますが、

もしお客さんに聞こえてしまっていたら… 申しわけありません。ものっすごく気分悪いですよね。

ついでに、Yukariさん、よりによってソロ踊ってる時に後ろで怒っててごめんwww


事の顛末を説明すると。

この曲のフォーメーション移動については本番前に打ち合わせ、シュミレーションしていたんですが

本番でHIRO-Mがその時に決めた位置に移動しようとしたところ、娘Aとニアミス。

「打ち合わせと違うじゃねーかよ!」とプリプリして仕方なく元の立ち位置に戻ろうとしたら、

今度はそこにいるはずのない娘Bがウロウロしてる…。結果、自分がウロウロ。

その前に、これも本番前の打ち合わせで確認していたアシンメトリーのフリを娘Bが逆にやっており、

(5人態勢でこれをやると、別の一人が方向を間違えてるだけに見えてしまう)

ついに爆発して「なんで直前に決めたことが出来ねーんだよ!クソが!」発言となったわけです。

まー。毎度のことなんだけどね。

確か、とちのきファミリーランド様では前回も致命的な移動ミスやってたよな…。


一部では、行くぜっ!怪盗少女の中途半端なパフォーマンスもあったから、なおさら。

飛ばしちゃいけないパフォーマンス2つ3つすっ飛ばしちゃってるし、

本番前に「屁をこいた後のパフォーマンスはこういう感じで行こう」って決めて、練習もしたのに

(↑真面目にやってるように見えないけど真面目にやってますwww)

それでも吹っ飛んじゃってたメンバーが結構いましたからね。

それもあって、「家で叱る」ではなくここでのお小言公開を選択したわけです。


どちらも、「フリを間違える」というのとは次元が大きく違う。

「上手に踊れてない」なんていうのとも全く別の話。


完全にナメてるんです。ナメ切ってる。小馬鹿にしてる。

観てくれる人のこと。招いてくれる人のこと。人前で踊るということ。同じ舞台に立ってるほかのメンバーのこと。ついでに、その都度演出構成考えてるこちら側のこと。すべてを。


そんな無様なパフォーマンスをしても、通ってくれる常連のお客さんがいて

褒めてくれて、写真撮ってくれて、プレゼントまでくれるからそれで満足…というのなら

何度も言ってるけど、こっち来んなよ。何が「セレクション」だよ…。

毎度毎度こういうことを言わせるから、常連のお客さんに「HIRO-Mさんは我々のことを良く思っていない?」とか言われちゃうんだよ。

あの方達どうこうじゃない。お前らだよ。「良く思ってない」のはお前らの浮かれっぷりだよ。

何が「来てくれてありがとう」だよ。どこの一流アイドルだよ。まず謝れよばか。わざわざ来てもらって粗末なお遊戯見せつけてんだからさ・・・。


そりゃ「良く思っていない?」とか言われるわけだよ。

こっちにしてみれば「ありがとうございます」より、「ホントすいません…」という気持ちの方が圧倒的に強い。

言ってみれば、合わす顔がない。

撮影会だの何だのだって、もしHIRO-Mが好意的で積極的な姿勢を見せたりすれば

メンバーの今の姿勢を肯定していることになる。っていうか、どうせ図に乗ってそういう解釈するだろ、お前らは。


この際だから言っておくと・・・

映像編集、画像編集、音楽編集、WEB管理からチラシ・ポスター作成・・・

その辺のメディア系のことは何から何までやってるHIRO-Mにとって

また、客席からの見え方を強く意識するタイプの演出家・HIRO-Mにとっては、

本来なら、常連様、カメコの皆さんの存在は非常に有益でもあり、出来ることなら深く交流したい。

ぶっちゃけ、色々聞きたいこともあれば、教わりたいこともあるし、あわよくばお願いしたいことだってある。

HIRO-Mとあの人達の交流が円滑に行けば、質が格段に上がる部分がたくさんあると思う。

いや… 人が増えるまではそういうスタンスだったはずなんだよね。

でも、今、それを阻んでいるのがお前ら。お前らの浮かれっぷり。

HIRO-Mがもし表立って「ウェルカム♪」ってやったら、誰が「気を引き締めろ!」って言うのさ?

それを「写真撮ってもらったりプレゼントもらったりしないから無関心なんでしょ」とか言うか?

言ってろ。バカが。


かつて、毎回ブログにイベントレポート書いてくださった方が突然書かなくなった理由。

実は、HIRO-Mが直接お願いしてそうして頂きました。

「残念ながら、褒めてもらって意気に感じて頑張るコより、浮かれて手を抜くだけのコの方が多いので、申し訳ないがほどほどにして頂きたい」と。

HIRO-Mもあのレポート記事は毎回楽しみだったのですが、仕方なかった。

やっぱり思った通りになっているので、お願いしてよかったと思っています。


さらにこのまんまの状態が続くなら、いつも来て下さる方々に「来ないでくれ」とお願いするほかなくなる。

そこまではいかなくても、

「こんなダサいチームの公演、本当に観たくて来てくださってますか?

なまじ交流持っちゃったんで、後に引けなくなっているんじゃないですか?

そうだとしたら、お気になさらず他の意識高いチームの公演観に行って下さい。」

くらいのことは今でも言いたい。

もしそんなんで誰も来なくなったとしたら、それはHIRO-Mの暴挙でもなんでもなく、

お前らの慢心が招いた結果。お前らがあの方々をナメて見下してる結果。

「あの人達喜んでるみたいだし、まぁテキトーでいいんじゃね?」程度の意識の賜物。

もっとも、それで無観客試合を重ねたところでその根性が叩き直せるのかどうかも怪しいけど。


ただ一言。ほんっと、ダサい。


これ、言うつもりはなかったのだけど。この際言います。

前もって言っておきますが、「それ、言ったの誰?」とかいう小汚い詮索には一切答えません!

久々に顔を出したメンバーの言葉。

あ、こう書いた時点で数人に限定されてしまうけど、まぁ多分みんな同じ気持ちだろうからいっか。


「上手くなっていなくてビックリした」

「なんか見た目ばっかり気にして踊ってる感じになってて悲しくなった」

「ダンスしよう…って感じじゃなくなったよね。鏡見てる印象の方が強い」


これが、やつらの目に映る現在のYJCの姿です。


そりゃ、どれもこれも言われた瞬間はHIRO-Mもイラッとしました。

思いの強さで言えば、その時点でメインでやってるメンバーが常に一番なわけだし。

だけど、これは言われても致し方ないし

よくよく考えてみれば、自分も言いたかったけどヘタレなばかりに言えなかったことをやつらが代弁しただけ。

ごもっとも。

まさしく。

その通り。

言ってくれてありがと。


多分、こう言われても反省とか改善とか微塵も考えないんだろうな。

「何なの?ムカつくんだけど~」とか言うだけなんだろうな。

ま、誰でもとりあえずは「ムカつく」だろうけど、その後がない。

だからこそ、こんななのでしょう。


今度の単独ダンスライブは、現メンバーがメイン!「ドリームチーム」はあくまでゲスト!…と考えていたけど

やっぱり今の状態なら、HIRO-Mはまた「ドリームチーム」を中心に据えてやりたい。

あいつらだって、それなりの世界でやってる人から見れば全然まだまだなのだろうけど

「ダンスしよう!」っていう軸も、「いいモノ見せたい」っていう思いもハッキリしてた。

怒られれば、反発心からであれ何であれ、積極的に改善に動く連中だった。

ふて腐れてもそれで終わらせることはなかったし、「カメコさんが喜んでんだからいいじゃん♪」なんていう都合の良い逃げもしなかった。


そういうやつらだったから… 色々至らなかったとしても一番の軸だけは揺るぎなかったから

何かあっても「チームから外す、メンバーから外す」というような制裁だけは絶対にしなかったのだけど

今はまったくもって事情が違うんで、やってもいいのかなと思っています。

HIRO-Mは、ヘラヘラしながらチャラチャラしながら「ダンスがしたい」。

ふざけながら良いパフォーマンスを追及していきたい。

だから、ふざけながらも「ダンスがしたい」メンバーとやる。

チャラチャラしたいがためにとりあえずダンスをしている人間は要らない。


ホンモノならば、別に踊らなくても写真撮ってもらえるし、プレゼントもらえるんじゃね?

チヤホヤされるためにダンスだけは利用したいって言うなら、ソロでもやってみれば?


大至急、単独ライブのポスター作んなきゃいけないし、WEBサイトも完成させなきゃだし

やらなきゃいけないこと山ほどあるんだけど、

そんなメンバーが先頭に立ってるチームのために頑張ろう…って気になれないんだよね。

とは言え、踊るのが好きでやってるほかのコ達を巻き添えにするほどの資格も価値もないと思うから、やるけどさ…。


もういい加減期待はしないけど、一応「裏切られる」のを待ってはみます。

シェアする

フォローお願いします