シェアする

7/26  “なつこい” Sound Stage OHIRA 2014

The following two tabs change content below.

HIRO-M@YJC

◆◆HIRO-M◆◆ --- YJCダンススタジオダンサー兼インストラクター兼映像&音楽担当 / ヒョウモンガメ、ゴルハム愛好 ◆◆おれんじゃー◆◆ --- 愛機はオレンジ色のPENTAX K-30 & K-S1 オレンジに飽きるまでコレ

まったくもってこっ酷く暑い昨日。

“なつこい” Sound Stage OHIRA 2014にてステージライブを演らせて頂きました。


バンドコンテスト(?)の審査発表待ちの間のパフォーマンス。

それでなくても暑い中、会場はさらにアツくなっていまして… とにかく残酷なコンディション…。

それぞれ20分の持ち時間を、比較的大所帯の数グループで回したのは正解。


リゾート地にやってきたどっかの金持ちの娘…みたいなカッコしたRina

(心の奥底でYJC復帰を検討しながらwww)写真を撮ってくれました。

  
  
 

このコンディションでのライブは、特に小さいメンバーには申し訳なくなってしまいますが

よく頑張ってくれました。共演者の皆さんも含め、お疲れ様でした。


イベントの後は、必ずネットで書き込み等をチェックするようにしています。

昔、「あのコ可愛かったから、個人情報探ろうぜ!」みたいな書き込みを発見したのがきっかけなのですが

最近は嬉しいお声が多くて。


今回も…



また勝手にキャプチャーさせて頂きましたが…こんな具合で。


ただ、「たまたま見かけたら、楽しかった♪」ではなく…

YJCのステージを観たいと思ってくれて、観て喜んでくれる人がいる…っていうのが…

うちのモットーそのまんまであり、嬉しいことには間違いないんですが

実は、HIRO-M個人としては、この状況が信じられず、頭も追い付いていなかったりします。


自分たちのやっていることに誇りや自信を持っていないわけではない。

だけど、心のどこかで…

うちのダンスは未熟極まりない…って気持ちを持っています。

YJCのステージに投げかけられる視線の殆どは冷ややかなモノだ…って、そんな風にも。


だって、指導者の一人がこのHIRO-Mですからね…。

昨日の1ステージ取ってみても、「インストラクター」と紹介されておきながらあの体たらく…

よりによって自分の作品なのに、出す手足の右左をことごとく間違え軽くパニックに…。

明らかに、自分で振り付けたもんだから大丈夫…っていう慢心による練習不足が招いた事態。

そんなんでチームの程度をはかられちゃうことだって多々あるだろうし…

(とりあえず、ビール飲んでステージに立つのはもうやめよう…)


ま、自分のダンスのことはともかく。

多分、指導者陣の中ではHIRO-Mが一番自チームを評価していないし、卑屈。

(卑屈って言うか、無駄に理想が高いんだよね…)

それを「でも、楽しんでくれる一部の人のために」と展開することでやってこれたような。

でも、逆にそれが良い方に作用してるのかも知れないな…と今、少し思ってます。


何人かの方が楽しみにしてくれて、結果、満足してくれたステージを

「こんなんじゃダメだ!」「もっとこうしなきゃ!」って思えたから、現状があるわけで。

それが途絶えたら一瞬にして次は無くなるわけで。


メンバーに自信を持たせることも大事で、天狗ちっくになって見せる人もチームには必要だけど

同時にこんな卑屈な人間がいてもいいのかな。と。


そしてついでに、自分たちが求めなきゃ…と思っているものと

観て下さる方が求めるものがいかに違うか…ってところをあらためて痛感したりして。

ご意見・ご感想をネットを通じて見させていただくことで、何かと勉強になってます。

ありがとうございます。


そして、イベント終了後は完全バテバテの体を引きずってお買い物遠征。

こんなもの買いました。



オフサイドフラッグに、キャプテンマークwww

何のために?

そのうち、ステージで明らかになる予定です。こうご期待www


あぁ、すっかり空が明るくなっちゃった…。

今日は、足利ダンスカーニバル出演。そして、夜勤です。

死ぬな。これ…。

シェアする

フォローお願いします